TOP文福とは事業・活動行事予定機関誌アクセス・リンク お問い合わせ
 
  介護人派遣事業
  文福は居宅介護人派遣事業・指定事業所です。
障害者・児の方々の日常生活と社会参加を保障していくため、
介助・介護派遣を行っています。

障害者自立支援法介護給付対象外の方への
サービス提供も行っています。
在宅障害者の自立生活及び施設から自立生活への移行するにあたっての
準備や体験などに必要な外出支援や介助・介護派遣を行います。

料金については応相談です。

県の指定を受け資格取得(重度訪問介護従業者養成研修)
のための研修を開催しています。

研修名 : ザ★カイジョ~重度訪問介護従業者養成研修~

「障害当事者に学ぶ、現場で学ぶ」を基本とし、
当事者の講義を聴いたり、実際に交通機関を利用して
障害者と一緒に街に出かけたりすることで障害者の自立生活が
具体的に理解できるのが醍醐味です。
介護経験のない方でも、興味がおありでしたらご連絡下さい。


   「重度訪問介護ってなんだろう??」

パンフレット発行だよ!!


★★日常生活全般に介助が必要な
重度の身体障害者を
対象としたサービスです★★


★利用者ペース尊重の長時間介護です★

★見守りや外出介護などを含め、
総合的かつ断続的に提供される支援です★

■自己実現をするために
なくてはならない制度です■


ちょっとでも関心のある方は
パンフレットを読んでいただけるとうれしいです。

 画像をクリックすると
PDFファイルが開きます。
是非是非
 
 
 
 
「ザ★カイジョ」
~重度訪問介護従業者養成研修~
 

文福では、富山県の指定を受け、資格取得(重度訪問介護従業者養成研修)
のための研修を開催しています。
この資格は研修時間20時間で取得が可能です。
実習中心の「障害当事者に学ぶ、現場で学ぶ」を基本とした研修です。
障害当事者の講義を聴いたり、
実際に交通機関を利用して障害者と一緒に街に出かけたりすることで、
障害者の自立生活が具体的に理解できます。

介護経験のない方もある方も歓迎です。
年2回(春・秋)定期的に開催していますので、興味のある方は気軽にご連絡下さい。

 
 
ザ★カイジョ 〔重度訪問介護従業者養成研修〕


2021年度第2回 ザ★カイジョ
基礎コース

目的
重度障害者の自立支援を支える人材を養成し
障害者と健常者の交流・相互理解を促進すること

受講対象
「障害当事者に学ぶ、現場に学ぶ」
ことに関心のある方(高校生以上)

日時
10月23日(土)9:00~17:30

10月24日(日)9:00~17:00


参加費
2500円

追加コース

障害程度区分6(重い障害)のカイジョをするための資格です。

日時
10月30日(土)9:00~18:00


参加費
1500円 

締切 月 日() 

定員6名



 

 詳しくは下の画像をクリックしてください。 PDFファイルが開きます。




 申込書 詳細 
 



クリックするとPDFで表示されます。
 基礎コースレポート 追加コースレポート 
   
 
 
 障碍者部会
 

文福障碍者スタッフと、文福の活動趣旨に賛同する障碍者とで構成しています。

障碍者でなくては気付かない視点を大切に、
文福の活動の中心を担う集まりとして、この「障碍者部会」があります。
障碍者の地位向上や障害者差別をなくすための活動を行っています。

また、障碍者に関わる設備や交通問題について話し合い、
各行政機関や民間企業などとの交渉やそれらに対する提言などを行っています。

そして、自立生活を目指す障碍者からの相談に応じたり
協力要請に対する支援活動を障碍者スタッフが行っています。

 
 
 「福祉と人権の学習会」  
   連続学習会から連続学習会から冊子の紹介

昨年は,旧優生保護法による強制不妊手術と出生前診断、優生思想の問題について、3回にわたって学習会を企画して行って来ました。
この記録をきちんと残しておくことが、二度とこのような事が起きないようにしていきたいと考えました。
これからの課題を忘れないようにしていきたいと思います。
富山では96人の優生手術を受けた被害者がおられることが明らかになっていますが、その他にも沢山おられると思います。
富山では、まだ誰も名乗り出ておられません。
この冊子がきっかけになれば良いという思いもあって、冊子を作りました。
いろいろな事情で、学習会に参加できなかった方々やこんなことがあったんだと思い返す時に、役立ててもらえたらと思っています。
ぜひ、一読ください。
文福連続学習会報告  2018
旧優生保護法における強制不妊手術を巡って
なぜ 障害者は子どもを産むことが許されないのか
―― 優生思想と現代 ――
☆ 問い合わせ:NPO法人文福
〒930-0887 富山県富山市五福3734-3
電話 076-441-6106
メール bunpuku@ab.auone-net.jp
400円です。 

 
夢宙人(むちゅうじん) 
 NPO法人文福のレクリェーション部として、イベントを通して障害者と健常者の交流の場を持つことを目的に、2006年に発足しました。
 文福のスタッフのほかに外部の方も企画から一緒に参加できて、イベントを楽しめるというところと、
 障害者がメンバーにいるからこそ、障害者が参加しやすいイベントができるのも
夢宙人の魅力の一つでもあります。
 このご時世、集団でイベントを行うのが難しく、今は毎月第3土曜日の20時からZoomを使って
「オンライン飲み会」を毎回テーマを決めて行っています。
Zoomを使っているおかげで、参加者全員が、普段中々会えない人や県外に住んでいる人と交流ができるのが
魅力的。また新しい出会いの場になっています。
ブログ   夢宙人ネットワーク